Web
Analytics

部屋と外食と私 〜札幌の中心で飯を食べる〜

食べるのも作るのも好きなおっさんが食べた自宅飯や外食を綴っています。

うどんは飲み物ではなくて食べ物だと実感させてくれるコシの強いピロピロうどんに出会った 〜手打ちうどんとおばんざいのお店 力 ごぼう天ぷらうどん & おいなりさん〜

スポンサーリンク

世の中、夏がやってきたみたいですな。オリンピックも始まるし、完全に夏モードではある。

 

夏になると冷たい麺を食べたくなるのが、人の性。ラーメン屋の "冷やし中華、はじめました" の貼り紙を探して歩くのです。ま、実際に貼ってるところって、ほとんど遭遇した記憶は無いんですがね。あるんですかね、実際?都市伝説かしら?

 

まぁ、でも冷やし中華って全然食べないんですわ。きゅうり入ってるし。

 

最近は、札幌でも山形っぽい冷たいスープに入った冷やしラーメンも多いですよねぇ。昔、『ラーメン発見伝』で読んだことありましたが、去年、『カリフォルニア』さんで初めて冷やしラーメン食べました。スープで作った氷が入ってるやつ。旨かったですねぇ、冷やしラーメン。

 

 

てことで、冷やしラーメンも守備範囲であることは分かったんですが、まだまだ冷たい麺だと蕎麦とかうどんを食べてしまうのです。

 

蕎麦も日本での歴史は古いですが、うどんも負けてはいない。

うどんの走りは古く、奈良時代とのこと。遣唐使が中国から持ってきた小麦粉の菓子 "混飩 (こんとん)" がご先祖様らしい。で、空海が四国に伝えたことで讃岐うどんができたとか。嘘かホントか知らんけど。

 

今では、うどんもブリンブリンにコシが強いものから、やわやわのもの、きしめんみたいな平打ちなどいろんな姿で生存している。カツオが効いた出汁からカレーに担々麺的なものまで受け止める懐の深さを感じる食べ物である。

 

どんな姿にもなれる "カメレオン麺類" と言っても過言でもない、うどんにもリスペクトを抱いていきましょう。

 

てことで、今回は街中で見かけた割と新しいっぽいうどん屋『手打ちうどんとおばんざいのお店 力』さんに初潜入してみます。

 

ここ、僕の記憶では、元々『宮越屋珈琲』だと思う。

 

 

スポンサーリンク

 

 

外観

白い看板に毛筆で力強いフォント。まさに力ですな。

 

手打ちうどんとおばんざいのお店 力

 

北海道産の小麦を使った無添加手打ちうどんですって。

紅白の匠も白い暖簾に映える。

 

手打ちうどんとおばんざいのお店 力

 

暑い日は冷たい麺ってことで、暖簾に負けじと純白の気持ちでいざ店内へ。 

 

 

店内

店内に入るとかつお節の香りで挨拶してきます。店員さんの声よりもカツオの香りが先に来る感じ。これは旨いつゆを出してきそうだ。

 

2 階に通されますと、テーブルや椅子、基本的な内装は宮越屋珈琲のままですな。なので、うどん屋さんって感じのしない内装なのです。

 

各テーブルは暖簾みたいので仕切られています。

 

手打ちうどんとおばんざいのお店 力

 

では、メニューを拝見。

 

メニュー

可愛いイラストで描かれたメニューたち。フォントも手書きって感じのもの。写真は分かりやすくて良いけど、イラストも素敵ですな。 

 

手打ちうどんとおばんざいのお店 力

 

温かい、冷たいを選択できるものから、温かい、冷たいオンリーのものまであります。

"サラダうどん" なんてヘルシー嗜好の意識高い系女子向けメニューもあるのだ。

 

各メニューには入っているモノの説明なんかも書いてあります。

 

16 時以降は夜定食もあるのだ。"うどん屋のザンギ定食" とか "セセリのにんにく醤油焼き定食" なんて、めちゃめちゃ惹かれてしまうラインナップ。

 

手打ちうどんとおばんざいのお店 力

 

おばんざいも充実してます。うどん屋であり飲み屋。

 

手打ちうどんとおばんざいのお店 力

 

今回は冷たいうどんを食べると決めていたので、ブレずに "ごぼう天ぷらうどん""おいなりさん" をチョイスして、食前のファイバーを採りつつ待ちます。

 

 

実食

きました。

ごぼう天ぷら、青ネギ、長ネギ、春菊は抜いています。

しかし、長ネギが入っているとは予想外。青ネギだけだと思っていたので抜き忘れ。

 

手打ちうどんとおばんざいのお店 力

 

では、うどんからいただきます。

 

ごぼう天ぷらうどん

汁だくなうどん。見た感じは温かいうどんみたいなのです。

出汁がしっかりと効いた甘めの汁が旨い

 

手打ちうどんとおばんざいのお店 力

 

うどんはピロピロの平打ち麺。しっかりとコシが強くて、飲み物ではなく食べ物なうどん

うどんは喉越しとか言いますが、これは飲めないタイプの麺。

こういう存在感のあるうどんが好きだ!

 

手打ちうどんとおばんざいのお店 力

 

ごぼう天もかき揚げ風にしてあるパターン。そして、かなりでかい。

 

手打ちうどんとおばんざいのお店 力

 

たっぷり汁を染み込ませても、サクサク食感の失われないごぼう天をガシガシ食いましょう。

 

で、三角うどん。平打ちピロピロ麺とはちょっと食感が違う。

 

手打ちうどんとおばんざいのお店 力

 

僕のうどんにはレンゲは付いてこなかったんですが、家の人には付いてきました。女性にはレンゲが付いてくるのかもしれませんが、もしかしたら忘れただけかも知れないですけど。

 

おいなりさん

味がバッチリ染みてますっていうテリテリなおいなりさん。

一個 70 円というお手頃価格なので、ちょい足しに良いのだ。

 

手打ちうどんとおばんざいのお店 力

 

甘い汁を受け止めたお揚げさんの中には白ゴマの入った酢飯。おいなりさん嫌いな人はいないだろうよ。旨いよ、おいなりさん。

 

手打ちうどんとおばんざいのお店 力

 

 

完食。汁が旨かったので完飲したいところですが、念の為自粛。

少し麺の量は少なめですが、コシの強い麺とごぼうの存在感、おいなりさんで満足感を得られたのである。

 

手打ちうどんとおばんざいのお店 力

 

暑い日は冷たい麺に限りますな。コシのあるピロピロ麺も旨いし、定食やおばんざいもきなるお店でした。

 

ご馳走様でした!!美味しかったです!!

 

スポンサーリンク

 

 

この辺りのお店。

 

hiro-37.hateblo.jp

hiro-37.hateblo.jp

hiro-37.hateblo.jp

hiro-37.hateblo.jp

hiro-37.hateblo.jp

hiro-37.hateblo.jp

hiro-37.hateblo.jp

hiro-37.hateblo.jp

hiro-37.hateblo.jp

hiro-37.hateblo.jp

 

店舗情報

手打ちうどんとおばんざいのお店 力

〒060-0062 北海道札幌市中央区南3条西2丁目11−8第88 藤栄ビル

 

人類は麺類の人はこちらもね。


人気ブログランキング

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
にほんブログ村

スポンサーリンク