部屋と外食と私 〜札幌の中心で飯を食べる〜

食べるのも作るのも好きなおっさんが食べた自宅飯や外食を綴っています。

専門店のお持ち帰りコロッケ 〜じゃがいもはうす Classical〜

スポンサーリンク

昨年の秋以来のジョギング (5km) で全身筋肉痛の僕です。

 

昔は長距離走るの大嫌いでマラソン大会は完歩して体育教師に怒られた僕ですが、数年前からジョギングをしております。

一番しっかり走っていた頃は一回 15km ほどでしたが、毎日膝の痛みに襲われていました。それ以降、ゆっくり 5 〜 10 km ほどにしたことで膝の痛みに襲われることは無くなりました。

今話題の厚底シューズにしたら楽になるのかしら?結構お値段しますけどね、あれ。

 

てことで、晩飯はずっと気になっていたコロッケ専門店『じゃがいもはうす Classical』さんのコロッケをお持ち帰りしていただきます。

 

商店街の肉屋さんで売ってるコロッケやメンチカツとか憧れるんですが、近所にそういうところ無いんですわ。見つけられてないだけかもしれないけど。

ああいうの買い食いとか魅力的だわ〜。地域密着した古い商店街求む!

 

【外観】

西 24 丁目にある東光ストアからほど近いバス停の所。トンカツ屋さんやら整体とかの並びにあります。

寸胴みたいな看板が目印。

 

f:id:hiro-37:20200516095635j:plain

 

入り口のところには今週のコロッケの紹介。週替わりでいろいろあるのか。魅力。

今週は "昭和""チーズ""サツマイモメープル""カニクリーム""エビガーリック" の 5 種類。

 

f:id:hiro-37:20200516095659j:plain

 

いざ店内へ。

 

f:id:hiro-37:20200516095719j:plain

 

【店内】

ガラスケースの中にパン粉などをつける前のコロッケが並んでいるスタイル。注文後に衣をつけて揚げるんで熱々を持って帰れるんですわ。魅力。

サイズ感は小振り。商店街の肉屋のコロッケとはちょっと違います。もう一回り大きいと嬉しい。

 

f:id:hiro-37:20200516095736j:plain

 

プリンにタマゴポテトサラダなんかもあるのか。

 

f:id:hiro-37:20200516095754j:plain

 

今回は "昭和""カニクリーム""エビガーリック" を 2 つずつオーダー、店内で待つ。

店内にはイートインスペースのカウンターとテーブルがあり、一杯引っ掛けながら食べれるようになっている。"小洒落た円山の民の社交場" になっているのか。

 

【実食】

本日のおうちごはんは、東区の人気パン屋さん『イソップベーカリー』さんの "バタール"、チャチャっと作った "サラダ"、牛乳と生クリームと小麦粉で作った "クリームシチュー" と共に。

ちなみに、クリームシチューでご飯食べれる派です。全然ご飯に掛けて食えます。

 

f:id:hiro-37:20200516095817j:plain

 

まずは "昭和" を。スタンダードなジャガイモと挽き肉のコロッケ。挽き肉たっぷりで旨い。

これでご飯グイグイ食える。これぞ、昔ながらのストロングスタイルコロッケ。これぞ、ジャパニーズコロッケ

 

f:id:hiro-37:20200516095832j:plain

 

次は "エビガーリック" を。プリプリのエビに殊の外効いたガーリック。これも旨い。パンと合うなぁ。ご飯にも酒にも合うでしょ、これは。

 

f:id:hiro-37:20200516095848j:plain

 

最後は "カニクリーム" だ。家で作らないカニクリーム。コロッケの中でもちょっと豪華なやつ。コロッケ界のクイーン、それがカニクリームコロッケ

クリームの程よい甘さにたっぷりのカニ。クイーンの名に恥じない味。旨い。

 

f:id:hiro-37:20200516095901j:plain

 

さすが専門店。全部旨かった。次回はご飯と味噌汁で自宅コロッケ定食にしよう。

毎日自宅飯が旨いことに感謝。ご馳走様でした。

 

【店舗情報】

じゃがいもはうすCLASSICAL

〒064-0822 北海道札幌市中央区北2条西1丁目1−25丁目1番5号 イルソーレ トレ 1F

 

コロッケ好きは下をポチッといただけると嬉しいです。

 


人気ブログランキング

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

おうちごはん 料理ブログ・テーマ
おうちごはん

 

スポンサーリンク