部屋と外食と私 〜札幌の中心で飯を食べる〜

食べるのも作るのも好きなおっさんが食べた自宅飯や外食を綴っています。

おかずかおやつか、はたまたハイブリットなのか 〜大学いも〜

スポンサーリンク

女の子ってホクホク系の食材好きですよね。サツマイモとかカボチャとかの甘い根菜類。

かく云う、オッサンの僕も芋類とか大好きなわけです。

じゃがいもの季節なんてポタージュを鍋いっぱいに作って、それだけで満腹にしたりしてましたよ。糖質と脂質ばかりの食事。糖質、最高。

 

戦争を経験しているおじいちゃん世代の方は、芋ばかり食べてたからあの頃の辛い思い出が蘇ったりするとかしないとか言いますよね。北海道は少ないのかも知れないですけど、そういう方々は。

 

サツマイモやらカボチャやらは野菜というよりおやつに近いですよね、あくまでも個人的な感想ですけど。甘いですもの、甘くて旨いですもの。

サツマイモやカボチャの天ぷらはおかずなのかおやつなのか微妙なラインを行き来してる食べ物の代表ですわ。

 

そんな彼らと同じく火を通すと甘みが出る野菜と言ったらネギやらタマネギがいます。けど、ネギやらタマネギは野菜ね。食感におやつ感がないもの、ネギ類は。タマネギでおやつ作らないもの。そんなの子供が喜ばないですからね。

 

じゃ、サツマイモで作るおかずなのかおやつなのかわからない食べ物である "大学いも" を作っていきましょう。

 

大学いもの由来】

大正から昭和の頃、大学生が好んで食べていたことから "大学いも" らしいですね。すげー単純。ひねりとか一切ない。

東大やら早稲田やらの詰襟着たバンカラな学生たちが、部活後の腹ペコを癒すために食っていたんですね。サツマイモは腹にたまりますから。育ち盛りの学生にはうってつけの食べ物ですよ。

甘いサツマイモを甘いタレで絡めるんだから、勉学に励んでいたイカラ女子にも受けたに違いない。そんな娘たちはタピオカミルクティー飲んでるスイーツ女子的なポジションを取っていたに違いないのである。

 

【ざっくばらんな大学いもの作り方】

1. ザクっと切ってフライパンに入れます。

 

f:id:hiro-37:20200420225442j:plain

 

オイル投入。リノール酸リノレン酸は 4:1 が最高のバランス。オレイン酸もたっぷりで。

 

f:id:hiro-37:20200420225457j:plain

 

2. オイルをかけたサツマイモをホクホクするように揚げていきます。

 

f:id:hiro-37:20200420225513j:plain

 

3. いい感じに揚がってきたら砂糖を投入。美味しくなるように念じながら絡めていきます。

 

f:id:hiro-37:20200420225530j:plain

 

4. 美味しくなるように念じ切ったら黒ごまを絡めて出来上がり。

 

f:id:hiro-37:20200420225554j:plain

 

では、器に盛り付けましょう。

 

f:id:hiro-37:20200420225615j:plain

 

"ハヤシライス" "ゴボウサラダ" "大学いも"。自宅飯、いつも通り色味は地味です。緑色がありません。でも、ゴボウサラダと大学いもがあるから意外と食物繊維は摂ってます。

 

f:id:hiro-37:20200420225631j:plain

 

大学いも、未だにおかずなのかおやつなのかはわかりませんが、旨いから良し。

ご馳走様でした!

 

おかずかおやつかわからない人はポチッといただけますと幸いです。

 


人気ブログランキング

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

おうちごはん 料理ブログ・テーマ
おうちごはん

 

スポンサーリンク