Web
Analytics

部屋と外食と私 〜札幌の中心で飯を食べる〜

食べるのも作るのも好きなおっさんが食べた自宅飯や外食を綴っています。

口の中には小さな秋がいっぱい 〜ハーゲンダッツ 期間限定 蜜いも〜

スポンサーリンク

すっかり秋になった今日この頃、ついに円山でも雪虫の目撃情報がありました。

本州では馴染みがないかも知れませんが、"雪虫の発生 = 冬は目の前" なわけである。

 

そして、この雪虫はチャリの大敵である。チャリで颯爽と走っていると、挨拶もなしに目や口、鼻に侵入してくる。服には白い雪虫がまるで柄のように貼り付いてくるし、払うと服の上で潰れて死に至ります。

この雪虫との争いが、来たる冬将軍との長い戦の前哨戦となるのです。

 

「嗚呼、また長い冬が来る。」

 

雪虫はそんなセンチメンタルな気持ちを運んでくれるのだ。雪に覆われた白銀の世界が浮かんでくるのである。

 

で、寒い寒い北海道の冬ですが、アイスを食べるのが道産子なわけです。家の中を暖かくしてアイスを食べる、それが北海道の冬。本日もスーパーではアイスがセールになるのである。

 

冬の前の短い秋の味覚といえばカボチャ、栗、さつまいもやらのホクホク系野菜。スーパーの野菜コーナーでも幅を利かせてくる。ゆるふわ女子からオッサンまで大好きなやつ。

 

てことで、そんな寒い秋の夜には秋の味覚さつまいもを使ったハーゲンダッツ『期間限定 蜜いも』をいただきます。お供としてバニラもね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

パッケージ

カップアイス界のファーストクラス、ハーゲンダッツは上品なイラストのパッケージ。

焼きいものイラストがこれから味わう世界を想像させる。

 

ハーゲンダッツの蜜いも

 

どれだけ焼きいもなのか、想像を超えるほど焼きいもなのか、そんな期待を抱えてフタを開けるのだ。

 

 

実食

蜜いも

焼きいもから蜜が溢れている。艶やかな焼きいも。

 

ハーゲンダッツの蜜いも

 

マーブル状にいもソースが。糖度の高さで名を馳せる "紅はるか" のソースらしいですな。

 

ハーゲンダッツの蜜いも

 

一口食った感想としては、いも食ってる。完全にいも食ってる

この紅はるかソース、本気でいもクリーミーなアイスと紅はるかソースが相まって、寒い秋の夜長を演出してきます。

 

ハーゲンダッツの蜜いも

 

いもも本体も入ってる。焼きいもにして入れることで甘さを引き出してきてるのだ。

さすがファーストクラスのハーゲンダッツ、手の込んだことをしてきます。

 

ハーゲンダッツの蜜いも

 

小さなカップの中には秋がたっぷりと詰まっている、そんな気持ちにさせられる期間限定の蜜いもです。

 

バニラ

定番ね。みんな大好きバニラね。

 

ハーゲンダッツのバニラ

 

そりゃ旨いよ。この旨さはみんな知ってる。あえて書くことない。キングオブカップアイス、カップアイス界のファーストクラスであるハーゲンダッツはこれだ。

 

ハーゲンダッツのバニラ

 

今回も旨かったよ、ハーゲンダッツハーゲンダッツにハズレなし。 

美味しかったです!!ご馳走様でした!!

 

 

他のハーゲンダッツはこちら。

 

hiro-37.hateblo.jp

 

hiro-37.hateblo.jp

 

hiro-37.hateblo.jp

 

アイス好きはポチッとね。

 


人気ブログランキング

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

お菓子 グルメブログ・テーマ
お菓子

 

スポンサーリンク