部屋と外食と私 〜札幌の中心で飯を食べる〜

食べるのも作るのも好きなおっさんが食べた自宅飯や外食を綴っています。

横綱を狙う大一番 〜綱取物語 味噌 ver,27〜

スポンサーリンク

日本の国技といえば相撲。強い男と強い男がぶつかり合う、それが相撲。今も昔も男同士が勝負を決める際は相撲と決まっている。

 

日本で初めて行われた相撲は神様同士の相撲だとかなんとか。古事記に書いてあるとか。で、人間同士の相撲は紀元前 23 年とか。かなりの歴史。

みんな大好き大相撲も江戸時代から続くので約 400 年の歴史ですね。

 

誰が言ったか知らないが、

「土俵には金が埋まっている。」

なんて言いますな。

 

どちらかと言うと中高年の見るものと思っていましたが、"スー女" なんて言葉もあるくらい女の子にも人気のようですね。

 

しかしながら、僕の実家は相撲中継を観ることが少なかったんで、僕も子供の頃からほとんど横相撲を見たことありません。

 

そんな僕ですが、今回は菊水にある『綱取物語』さんへお邪魔します。別の店に行ったところ休みだったんでこちらになったんですが。

 

 

外観

色褪せた庇に赤暖簾。フォントが微妙に違いますが、どちらも相撲っぽいフォントです。伝統を感じさせるフォント。

 

綱取物語

 

外にもメニューあり。写真付きが嬉しい。

 

綱取物語

 

夏の限定もあります。冷たいラーメンか。限定も気になる。

 

綱取物語

 

すり足で店内へ。

 

 

店内

券売機はちょっと低めのポジショニング。写真撮りにくい。

"綱取味噌" が看板メニューのイメージでしたが、券売機のおすすめは "味噌 ver,27" ですな。

ここは券売機のおすすめに従い "味噌 ver,27" をテッポウを突くが如く押していきます。

 

綱取物語

 

ほぼ満席でしたが回転の速さを見せつけてくれます。いつの間にか食べ終わって帰っていきました。

ラーメン屋に長居はしない。

 

綱取物語

 

一人、久しぶりの綱取物語のラーメンを待つことにします。 

 

 

実食

きました。

この面構え、まさに札幌味噌ラーメンの王道、ストロングスタイルですな。

チャーシュー、もやし、メンマ、味玉、そして生姜。いつも通りネギは抜いてます。

 

綱取物語の味噌ラーメン

 

"綱取味噌" とは違いスパイシーさのないスタンダードなスープ。脂もくどすぎず飲みやすい。

特徴的なパンチはないけど老若男女に受け入れらるタイプ。

 

綱取物語の味噌ラーメン

 

森住製麺の中太縮れ麺も札幌王道のストロングスタイル。王道スープと王道縮れ麺のぶつかり稽古の様相、まさにがっぷり四つ

 

綱取物語の味噌ラーメン

 

チャーシューは炭火で炙ってるタイプ。このチャーシュー、旨い。チャーシュー丼も頼めばよかった。

 

綱取物語の味噌ラーメン

 

デフォで味玉入りは嬉しい。

 

綱取物語の味噌ラーメン

 

途中で生姜を溶かして味変しつつ完食。完飲はリスペクトの証です。

綱取味噌はすごい喉が渇いたというイメージですが、こちらはサラリと完飲できるスープですね。

 

綱取物語の味噌ラーメン

 

個人的にはとんがった "綱取味噌" の方が好きだけど、王道スタイルが好きな方にはこっちだろうね。

ご馳走様でした!!美味しかったです!!

 

 

店舗情報

麺部屋 綱取物語 白石店

〒003-0803 北海道札幌市白石区菊水3条3丁目2−15 ユーエイコーポラス1F

 

 

ランキングに参加してます。

 


人気ブログランキング

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

毎日のごはん 料理ブログ・テーマ
毎日のごはん

スポンサーリンク