Web
Analytics

部屋と外食と私 〜札幌の中心で飯を食べる〜

食べるのも作るのも好きなおっさんが食べた自宅飯や外食を綴っています。

絶対に食べられないハムがここにある 〜仔羊肉専門店 らむの家〜

スポンサーリンク

ジンギスカンって道産子のソウルフードなのだ。北海道生まれ北海道育ちの人で、食ったことない人はいないだろう。

本州の人なんかは、独特の臭みが苦手って人もいらっしゃいますが、道産子からすると

「臭みなんてある??」

ってなっちゃうこともあるのだ。

 

あとね、イメージとしては牛肉メインの焼肉よりお手頃価格、かつ、ヘルシーってところでしたよ。お手軽な上にどんだけ食っても太らない肉、それがラム。それがジンギスカン。帯広にいたころ、某有名店なんて 1000 円札 1 枚握りしめていけば腹一杯になるくらいでしたからねぇ。

 

しかしながら、昨今のジンギスカン屋さんは結構いいお値段です。普通に 1 人前 800〜1000 円なんてざら。2000 円くらいするラムを出してるところもありますよ。ちょいと良い肉出す感じの焼肉屋さんな価格じゃん。ジンギスカンだぞ!?ラムだぞ!?

 

でも、そういうところのジンギスカンは旨いんですよね。やっぱ値段に比例する部分があることは否定できない。世の中、旨いものは値も張る。安いところは臭みあるもんね。本州から遊びに来た人を連れて行くなら、ちょっとお高いところに連れて行くべきよ。旨いって思って帰ってもらいたいもんねぇ。

 

てことで、今回は家の人の GO TO イートポイント使用期限間近ってことで、ジンギスカンを食べることにします。しかし、GO TO のポイント使うなんて、このご時世的には悪者みたいな感じなのかしら?

「20 時以降の飲食なんてしてんじゃねぇよ!」

って自粛警察とか言うアレな人たちに言われるやつだ。でもね、ポイント捨てるなんて勿体無いじゃない?2000 P あるから、2000 円割引になるのよ?2000 円財布から捨ててくださいって言われても捨てないもん、僕は。

都会では自粛警察がうるさいのかも知れないですが、行かなくちゃ。ラムを食いに行かなくちゃ。

 

そんな中、候補に上がった 3 店舗から肉の種類の豊富さでチョイスしたのは『仔羊肉専門店 らむの家』さん。旨いジンギスカンと飯を喰らうのだ。

 

 

スポンサーリンク

 

 

外観

肉の主張が激しい看板。嫌いじゃない。

 

らむの家

 

"仔羊肉専門店" のフォントと漢字のみの表示が中華圏な感じに見えます。

 

らむの家

 

主張に負けず、いざ店内へ。

 

 

店内

大きいドーレ君。コンサドーレのマスコットです。何だかジンギスカン屋さんには見えませんな。ハンバーガーでも食いそう。

 

らむの家

 

アメリカンなダイナー的な感じね。ビバヒルの "ピーチピット" 的な。

 

らむの家

 

表と同様、店内も自己主張が激しいのだ。

コロナ禍の影響か、19:30 という晩飯どきながらお客さんは僕らのみ。ちょっと緊張する。

 

メニュー

希少部位やら数量限定が多め。旨いの出してくれそう。

 

らむの家

 

唐辛子、コチュジャン、ニンニクでタレをカスタマイズできます。岩塩は塩ものようね。

 

らむの家

 

キャラの濃い店主さんがきて、前も来たよね?って言われますが、初めてです笑。以前、近所のボーノボーノさんでも同じこと言われたんで、札幌には僕のドッペルゲンガーが存在する可能性ありますね。

 

店主さんから、コースもあるよと言われましたが、いつも通り単品で勝負していきます。

 

普段、焼肉を食べに行っても野菜を頼まないんですが、ジンギスカンなので野菜セットをタマネギ抜いてキャベツのみにしていただき、"肩ロース" と "ランプ" に "ラムタン" をオーダーし、レモンサワー飲みながら待ちます。

 

 

実食

肩ロース & ランプ

左が肩ロース、右がランプ。面構えから、旨いというのがビシビシ伝わってきます。

 

らむの家

 

ジンギスカン鍋に乗せて。

 

らむの家

 

このくらいで食べごろ。

 

らむの家

 

肩ロース、柔らかい。そして旨い!

 

らむの家

 

ランプも旨い。

 

らむの家

 

この 1 R の攻防で、実力者であることはわかりました。

 

ラムタン

ラムタン。これは岩塩で食べましょうね。

 

らむの家

 

コリっとした食感が旨い。

 

らむの家

 

追加注文は、"モモ""ラムソーセージ" を。

 

 

モモ

モモ。脂身は少なめ。

 

らむの家

 

これは赤身肉らしい食感ですねぇ。肉食ってるって感じ。

 

ラムソーセージ

初めてのラムソーセージ。これはよく焼きでとのこと。

 

らむの家

 

ソーセージうめぇぇぇ!!

一口噛むとジューシーな脂が口の中に広がるけど、全くしつこくない旨味と幸せが口の中を占拠していくぞ。飯が進む。

 

らむの家

 

最後は、日本でここでしか食べられないという "ラムハム" を。

 

ラムハム

きました。フレンチラックをハムにしてるとのことで骨付きです。完全オーダーメイドで丸ごとハムにしてもらって、ハム用のでっかい冷蔵庫で保存していると。てことで、店主さん自慢の一品です。

店主さん曰く、日本でここだけのハム。他では絶対に食べられないハムがここにあるのだ

ちなみに、フレンチラックは肋骨のところの塊で、それを一つ一つにするとラムチョップらしいです。 

 

らむの家

 

脂身をじっくり焼いて、何も付けずに食べてとのこと。

 

ハムもうんめぇぇぇぇ!!!

正直、1890 円って生ラムの倍の値段じゃん。ハムなのにそんなすんのかって思ってました。心の中でそうな風に思ったことを全力で謝罪したい

 

らむの家

 

熟成されて肉の旨味が増しているよ。店主さん自慢の一品であることも納得です。

 

肉を削いだ骨のとこ。ここは荒々しく貪りつくのだ!骨の髄までしゃぶり倒すんだ!

 

らむの家

 

生ラムも旨いし、ソーセージにハムも旨かった!

店主さんも感じ良いし、店員の女の子もかわいいし、良いお店でした。 

ご馳走様でした!!美味しかったです!!

 

しかし、結局 1 時間半ほどの滞在で、僕ら以外のお客さんは来ませんでした。ロスを考えると仕入れなんかも大変だという話をされてました。こういうのを目の当たりにすると、もう少し補償とか何とかならんもんかねと思うのだ。

 

全ての飲食店さんにとって大変なご時世ですが、この状況を乗り越えてくれるよう心から願っております。

 

スポンサーリンク

 

 

肉はこちら。

 

hiro-37.hateblo.jp

hiro-37.hateblo.jp

hiro-37.hateblo.jp

 

店舗情報

仔羊肉専門店 生ラム炭火焼 ジンギスカン らむの家 (らむのや)

〒064-0805 北海道札幌市中央区南5条西3丁目2 北専プラザ佐野ビル 1F

 

 

ジンギスカン好きはこちもね。

 


人気ブログランキング

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

毎日のごはん 料理ブログ・テーマ
毎日のごはん

スポンサーリンク